医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛を受けても肌に赤みが出て治らないと悩んでいる人もいるでしょう。また、医療レーザー脱毛の副作用としては毛膿炎や火傷などが知られています。このような症状がでてしまうと気になってしまうものなのですが、正しいケアをすることで早く改善することができると言われています。クリニックで行われている医療レーザー脱毛では、特殊なレーザーを使って毛根や毛母細胞を破壊することができます。このレーザーは黒いメラニン色素に反応するという仕組みがあり、他の部分には反応しないので肌に優しい施術と言われています。しかし、強力なレーザーを使っているため、炎症などの副作用のリスクもあるということです。また、一時的にニキビができてしまうこともあります。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛はレーザーの熱で毛包を焼く方式の脱毛のため、レーザーを照射する際に打ち漏れや火傷などをする恐れもありますが、レーザー脱毛は医療従事者が医療クリニックで行う施術のため、保証やアフターケアの体制が整っており、トラブルや永久脱毛による毛根の損傷など過大な副作用への心配は必要ありません。
打ち漏れに対してはテスト照射などのマニュアルが整理されることで再照射の手間も少なくなっているため、トラブルも減っています。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛の口コミを見ると脱毛の副作用としてワキ汗が増えたりワキガがするようになったという声を見ることが出来ますが、実はこれは勘違いの1つです。というのも脇毛がある状態ですと毛に汗が付くことで汗が蒸発しやすくなったり洋服に直接汗が付くことを防ぐことが出来ていましたが、脇毛を脱毛したことでこのような機能が無くなり、汗が直接洋服に付くことでワキ汗が増えたり匂いが気になるようになったためなのです。そのため汗が気になるのであれば、汗をかく前に制汗剤を使用したり、汗が洋服に直接触れないようにシートを利用する等、工夫が必要になります。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛はエステサロンよりも高い脱毛効果を得られることから多くの女性注目されていますが、医療レーザー脱毛の副作用が心配だという人も少なくはないでしょう。脱毛後の肌は炎症を起こしているので外部刺激を受けやすい状態になっています。炎症といっても一時的に日焼けをした状態になっているだけですし、数日もあれば赤みもひいていくので、そこまで深刻にならなくても良いでしょう。ただし、体温の上昇によって炎症がおさまらないようになるので、脱毛後のお風呂はもちろんですが、サウナや激しい運動も避けるように注意することが大切です。脱毛後の炎症は氷をタオルに巻いて患部を冷やすことが肌の炎症の早期回復のポイントです。